背中ニキビが痛いと感じたらすぐにこれで対処!

背中ニキビが痛いと感じたらすぐにこれで対処!

背中にニキビが出来てしまうと不便ですよね。椅子に座った時や、ベッドで寝るときに痛みが気になってしまうことがあると思います。

そうなると椅子に座る際に変な姿勢になりますし、ベッドで寝るときも横向きでしか寝れません。それが睡眠の低下に繋がりまたニキビが出来てしまうという悪循環になってしまいます。

今回は背中ニキビの原因やケア方法について解説していきます。

ニキビが痛い原因

ニキビが痛い原因は炎症です。炎症の症状の中に痛みがあります。

さらに痛みを伴うニキビは赤くなっていると思います。

赤ニキビは白ニキビや黒ニキビが炎症を起こしている状態なのです。

菌が脂質を吸収して増殖し、毛穴を詰まらせます。

特に顔と比べて背中は脂が多く分泌されるので注意が必要です。

放置するとニキビ跡にあってしまう可能性があるため早急に対処する必要があります。

痛くなる前に早めに対処

普段自分の背中を見る機会は中々ないと思います。

他人に背中を見られて、背中にニキビが出来ていると言われるケースは少なくありません。

その背中ニキビはケアを怠ると、知らず知らずのうちに熱を持ったり、赤く腫れ上がる、いわゆる炎症が起きてきます。

一度炎症が起こると痛みも伴う上に、自然に治すのはかなり厳しいといっていいでしょう。

さらに普段は服を着るので、どうしても下着がこすれてしまいます。

なので、家の中では下着はなるだけ着けない、刺激の少ないスポーツブラに変えるなどの対処が痛くなる前の背中ニキビに有効です。

痛い背中ニキビに効果的なケア方法

まずは当たり前のことなのですが、毎日お風呂に入ることです。

お風呂に入って背中をしっかり洗い、細菌を落としましょう。

その際に1つ注意があります。

髪の毛を洗う際に、シャンプーをしてそのままトリートメントを使っていると思いますが、シャンプーをしたら一度体を洗いましょう。

髪の毛を洗ったシャンプーにも細菌は混ざっています。しっかり洗い落としましょう。

汗をかいたら服を着替えましょう。汗はニキビの味方です。

特にこれからの季節は注意が必要です。

ビタミン類が多く含まれる食品・サプリ・スキンケア用品を使用しましょう。

まとめ

ニキビはやはり痛くなる前に対処をしたいものです。

服を着替えるといった事は、意識すれば出来ることなので、是非実践してもらいたいです。

せっかくスキンケアをするのであれば、背中ニキビに有効な物を使いたいですよね。

なので、ニキビに有効なビタミン類が多く含まれるスキンケア用品をおすすめします。

良かったらこちらも参考にどうぞ↓

イビサクリームの口コミや効果